フランチャイズなら低資金ではじめられる|夢を叶えたいなら

男性

低コスト

握手

コンビニやスーパーマーケットなどで必ず使われているといっても過言ではないレジスターは従来より低価格で購入できるようになっています。しかも、機能性が高くなっているのでまだお店にない場合は導入を検討してみるのもいいでしょう。

詳細を確認する

高性能になっている

男性女性

レジスターの歴史について

レジスターが最初に考案されたのは1878年のことです。当初のモデルは現在のレジスターのように現金を格納する場所がなく、単に購入金額を客に示すという役割があるものでした。その後徐々に改良が加えられ、1892年にレシート発行機能などが付いたものが誕生しました。日本では現在東芝テックがレジスターの生産を担う大きな役割を果たしています。東芝テックでは1971年に電子レジスターの生産を開始し、1994年からオープンPOSレジスターが生産され始めました。東芝テックは現在POSレジスターのトップメーカーであり、市場の50パーセントものシェアを獲得しています。東芝テックは他のメーカーに比べると遅めの市場参入にも関わらず、大きく成功しました。

東芝テック製品の今後の動向について

東芝テックでは流通やサービス業で欠かせない電子レジスターを、何種類も展開しています。飲食店での利用に最適なチケットが発券できるタイプや大型のカラー液晶画面がついたもの、漢字によるレシートを発行することができるオートカット付きのものもあります。また液晶やLEDが併用された客面表示やクラウドサービスも同時に利用できるタイプもあります。さらに機能だけでなくフォルムやサイズにもこだわったタイプや、不必要な機能をけずって必要なものだけを残したタイプもあります。このように用途に応じた様々なタイプが取り扱われているため、最適なモデルが必ず見つけられるはずです。東芝テックのレジスターは今後ますます発展を続けていくのではないかと推測されます。

夢を諦めない

我々は少なからずとも小さいころから夢を抱き、それを叶えるために日々努力を重ねています。しかし、綺麗事だけではどうすることもできないのがお店などをはじめる際にかかる資金といえるでしょう。従来なら、知人に借金をするしか方法がありませんでしたが、現代ではフランチャイズという方法があるのです。フランチャイズに加盟すると低資金で起業をすることが可能といえるでしょう。また、独立するために必要なノウハウも低資金で教えてくれる場合があるので、夢を諦められない方はトライしてみるといいでしょう。

検討するなら

スーツの人達

ロール紙は飲食店や雑貨店などで使われているレジスターから出る紙のことをいいます。また、それらは安く購入できる場合もあるので、用途を考慮してから購入を検討するといいでしょう。

詳細を確認する

効率がいい

ウーマン

インターネットの高速回線が発達したことで、人類がより快適な暮らしを送れるようになっています。そして、店舗には欠かせないロール紙を賢く購入することで効率よく営業することが可能です。

詳細を確認する